NEWS

2020年11月11日

~日本初!!EVバスによる充放電に成功~

アルファバスジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:伊東信輔 以下「ABJ」)と四国電力株式会社(本社:香川県高松市、取締役社長/社長執行役員:長井啓介様 以下「四国電力」)、三菱電機株式会社(本社:東京都千代田区、執行役社長:杉山武史様 以下「三菱電機」)は、3社共同による充放電制御技術を使った運用を開始いたします。

◆四国電力株式会社 長井社長様より定例記者会見の概要はこちら(リンク)をご覧ください。
https://www.yonden.co.jp/press/2020/1192713_2471.html

◆11月2日付 日本経済新聞にも掲載されました。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65771550S0A101C2LA0000

◆EVバスの充放電制御技術実証の概要はこちら(PDF)をご覧ください。
四国電力株式会社 プレスリリース

EVバスは、非走行時の付加価値として、充放電の最適制御による電力のピークカットやピークシフトとともに、車載電池の余力を用いた仮想発電所(VPP※)としての活用で多様な価値創出が期待されています。
大型商用車のEVバスは、車載電池容量がEV乗用車の5~7倍を大きいことから、VPPリソースとして有望視されております。
※仮想発電所(VPP):複数の小規模な発電設備や蓄電設備をまとめて制御し、大規模な発電所と同等の機能を提供するもの。

三菱電機株式会社は、EV(電気自動車)バスやEVトラックなどの大型EV向けの新たな充電インフラ構築を目的に『大容量EVスマートチャージングシステム ~バスなどの大型車両のEV化促進により環境負荷の低減に貢献~』を開発しました。

◆本システムの概要はこちら(PDF)をご覧ください。
三菱電機株式会社 ニュースリリース

本件に関する内容詳細については、弊社HP上のお問い合わせまでよろしくお願い致します。